スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート 5/19ソワレ

エリザベート:春野寿美礼
トート:マテ・カマラス
フランツ:岡田浩暉
ゾフィー:寿ひずる
ルドルフ:平方元基
少年ルドルフ:山田瑛瑠

このキャストが個人的にベストかもしれない。
ものすごく楽しんできました。

マテトートと岡田フランツだと扉の内にも外にもなんか可愛いのがいて意味分からんことになってました。
こんな二人に挟まれて毅然としていられるシシィすげえ…ってなる。

春野シシィはフランツのことを本当に好きなんだよな、と伝わります。「扉を開けてくれ」の声に、堪えるようなつらそうな顔をするのがね。夜のボートでも、ずっと寂しそう。シシィが強くなったからフランツを拒絶したんじゃなくて、心を守るためにそうするしかなかったのかなとか。

フランツはフランツで、出会ったころのままの響きで「愛しているよ」って言うしね。
岡田フランツは最初にシシィが言った「あなたがいる」「私がつかめる」という言葉に、本当にうれしそうに笑うのが印象的です。自由などないのだって言いながら、シシィとなら夢を見られるかもしれないってどこかで信じていたんじゃないかな。

そうやって年をとった二人に対して、マテトートはずっとそのまま。だから終盤になると一番子どもに見える。
シシィを好きになったときのまま、外見も心もそのままで、無垢で残酷です。
ただ欲しくて欲しくてたまらなくて、だだこねてるみたいに。

この三人が三人ともピュアで一途でかみ合わない感じ、大好きだな。

あと今日は闇広でなかなか拍手が鳴りやまなかった。
平方ルドはどんどん歌よくなるし、マテトートもだんだんマテらしさがでてきて、迫力でした。


そうそう、今日初見の友達が、シシィに拒絶されたトートがトートダンサーのところに戻るシーンを「反省会」って言ってて震えた。おもしろかわいすぎて。

「まただめだった…どこがいけないと思う(・ω・`)?」
「うーん…やっぱりもっと露出多い服のほうがいいんでは?」
「もうちょっと強引にいくべきかも!」
「そっか~!次はがんばるね(`・ω・)」

こんな感じか?
マテトートで想像すると可愛すぎて黄泉の世界に行きかけるわ。
そう考えるとドクトルのマントを脱いだあの服が一番の勝負服なのかしら。おっぱい出てるし…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。