スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALTAR BOYZ ORANGE 2/13千秋楽

【アルターボーイズ・ORANGE千秋楽】

大好きでしかたない舞台の千秋楽は、楽しみなのと同時にいつもさみしいです。
でも今回はもう見れないのがつらいっていう気持ちより、素晴らしいお芝居を見れた幸せと、そんな舞台をつくってくれた役者さんたちへの感謝の気持ちがずっと勝っています。

東京からは旅立って行ってしまったけど、きっと今もアルターボーイズはどこか別の町で仲良く公演してるんだろうな、と思える。「神様はいつもいる」じゃないけど、本当にいつもいるんです。
きっと鯨マークがみんなをたたき起こして、みんなでルークの運転する車にぎゅうぎゅう乗って、歌って踊って、笑い合って、そしてまた夜になったらみんなで眠って。
そんなことを想像していると優しく心が満たされて、全然さみしくない。

どういうふうに言葉を尽くしたらいいか分からないんだけど、本当に素敵な千秋楽でした。
観客席を含め、暖かい空気に満ちていました。
さらに今回は、はじめてのようなドキドキ感もあった。
最後なのにというか最後だからか、不思議と瑞々しい感じがしました。

皓ちゃんマシューの、気が付くと誰かの隣で肩を抱いているような優しいところ大好きです。
鯨マークの、包容力と素直で大胆なところ大好きです。
新吾さんルークの、暴れているようで実はちゃんとみんなを見ているところ大好きです。
泰ちゃんフアンの、天真爛漫でマイペースなところ大好きです。
ミカシュンアブちゃんの、アルターボーイズとそのメンバーが大事で仕方がないのが伝わってくる笑顔が大好きです。

I BELIEVEでは、出会った頃から今までのアルターボーイズの思い出たちを、ミカアブちゃんの目を通して見せてもらっているような気持ちになりました。それはきっとメンバー全員に見えていたと思う。
ミカアブちゃんは天を仰ぎながらI BELIEVEを歌っていて、安らかで清らかな顔をしていたから、5人を結び合わせてくれたことを神様に感謝しているみたいだった。

鯨マークが歩み寄ってミカアブちゃんの手を握るところ、ミカアブちゃんはいつもそこに自分の手を重ねるんだけど、今日はその前に鯨マークの頭を優しく撫でてあげていました。自然に出た仕草だったんだろうな。
鯨マークはここで感極まったみたいにミカアブちゃんの手に自分のおでこをつけるみたいにして、まるで二人で手を握り合ったままお祈りしているような、愛しいシーンでした。

カテコの挨拶で鯨マークが「I BELIEVEで感動しちゃって、袖にはけたとき『(両手で顔を覆って)ほんといい芝居!!!!!』『大好きこれ!!!!!!』って叫んじゃった」って言ってたんですが、全身全霊で同意させていただきたいと思います。
アルターボーイズORANGE大好き!



いつもただの感想になっちゃってレポ的なことができず残念なんですが、せっかくなのでアドリブ部分などもちょっとメモ。

・懺悔コーナーにて。香水の話から、マシューがマークに「腹立つ匂いがするな」って。ミカアブちゃんが必死で「くさくないですよ、いい匂いですよ」って励ますも、落ち込むマーク。しまいには怒っちゃって、羊ちゃんたちを懺悔BOXにドーン!!「むしゃくしゃしたのよ!ストレスよ!」
・お決まり台詞を言ったミカアブちゃんに「からの~?」振り。鯨マーク「あんたいつも尻拭いしてもらえると思ったら大間違いよ!」何度もみんなのところへ戻ろうとするミカアブ、でも許してもらえず「私、最終公演だからっていつもと違うことするのだいっきらいです!!!!」
・けっきょく照明さんをも巻き込んだ追い込みに負け、藤井隆を披露するミカシュン。「アルターに出られて良かった~なんとかかんとか~体の一部がHOT!HOT!HOT!HOT!HOT!HOT!」やけくそのようにやりきったあと、「ちくしょーーーーー!!」と叫んで左隅にうずくまる。これはマークのパロだね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。