スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALTAR BOYZ ORANGE 1/29

【ALTAR BOYZ ORANGE】

マシュー:中塚皓平
マーク:鯨井康介
ルーク:森新吾
フアン:和田泰右
アブラハム:三上俊

ORANGEチームの初日を見た人が口々に「鯨井くんがすごい!」と言っていたので、気になって行くことにしました。あと、銀英外伝でフレーゲル男爵を演じてめっちゃいい味出してたミカシュンを見たかったから。
わりとかっる~い気持ちで見に行ったんですが、まさかのまさかで、ORANGEチームはまって帰ってきちゃいました。こういうことがあるから生の舞台は楽しいねえ。

たぶんね、新鮮だったんだと思う。先入観がない分、役として見れて、ストーリーに入り込めた。
なんだかみんなどことなく心もとないような感じがして、それがぎゅっと集まってグループやってるのが妙にぐっときて。
特に鯨井くんとミカシュンがお芝居の面ですごくよかったなあ。

鯨井くんのマークを見て、『蜘蛛女のキス』のモリーナを思い出しました。
愛情深くて包容力があって、でも繊細な心を持っている。とにかく情が濃そう。そんなイメージで、大好きです。みんなが絶賛している理由がよく分かった。アドリブもブレずに役としてこなす上手さ。
全体的にお芝居のムードは彼が作っているところが多いように思えました。

ミカシュンのアブラハムはひとことで言うと好みです。かわいい!
創世記のときの口調とかすっごい勘に触る感じなの。うわあこのアブラハム絶対みんなが盛り上がってるときに悪気なく水差して疎まれちゃうタイプだわって感じ。絶妙に踊れてないのもなんかそれっぽい。
そんなアブちゃんがみんなと胸ぶつけあったりしてじゃれてるの見ると、良かったねえ良かったねえってみんなまとめていい子いい子したくなる。
だからみんなが裏切りを告白するシーンは本当に心が苦しかった。
左の隅っこに座ってうつむいて、小さい肩がまたさらに小さくなっちゃって。
その流れからのI BELIEVEは、さぐりさぐりというか、心細い。
良知アブのI BELIEVEはもう揺らがないという信念を感じさせるくらいパワーがあるけど、みかしゅんアブのI BELIEVEはもっと危なっかしかった。
フアンが一緒に歌いだしてからやっとホッとした顔したけど、それまではステージの真ん中にひとり立ってるのが可哀想なくらい、こころもとない様子で。
なんかね、全体的にORANGEの子たちは一人じゃだめっぽいから一緒にいさせてあげてほしいと思った。
みんなできゃっきゃしてればいいよ。

私のイメージなんだけど、REDは人より秀でているがゆえに孤立してしまった人たちの集団で、ORANGEはどこか頼りなく足りないような人たちが寄り添い合っているように思える。
魂が浄化されたわ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。