スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れぬ雪獅子 10/27ソワレ

TSミュージカルファンデーション『眠れぬ雪獅子』

テンジン:東山義久
ドルジェ:伊礼彼方
ラルン:小西遼生
ぺマ:山田ジルソン
ラン・ダルマ/ワンドゥ:今井清隆
ターラ/ドルガ:保坂知寿


3回目の観劇。少しも飽きることなく、ぽろぽろと新しい発見もあり。

最初のシーンでドルジェが「ラルン・ペルギ・ドルジェは仏教を救った英雄だ!あんな道化芝居にしていい人物じゃない!」とテンジンを責めますが、ラルンはテンジンの前世だから、結果としてドルジェはテンジンの前世をかばってるのよね。あわせて言うと、テンジンの前世の名前はドルジェ。ラルン・ペルギ・ドルジェ。
この物語のなかにはあざとくなく、ちょっとハッとするような伏線がたくさん張られています。

やっぱりテンジンとドルジェのデュエットが、少ないけどすごく好き。
ドルジェが変わってしまった故郷を嘆いて歌うところに、テンジンの声が悲しみに寄り添うように重なるのを聴くと、どうかこの二人に明るい未来をくださいと祈らずにはいられないです。

あとこの日、捕まった一座のみんなの前で覚悟を歌うシーンで、テンジンが泣いてた…!
「心が喜べば みんなが笑顔に」というフレーズが涙声で少し震えていて、涙で目がキラキラしてました。
もうほんとうに胸に迫る。
暗殺者になってしまったラルンが「私は自分の手で自分の来世を穢してしまった!」と嘆く台詞がありますが、そんなことないよ!と言ってあげたい。あなたの来世、天使みたいに清らかだよ。

前回の感想で書かなかったキャストさんについて。
今井さんはこの間ブロードウェイミュージカルで生歌を聴いてしびれまくったので、また生歌聴けるのは嬉しいです。てかそのまえにレミゼのCDのジャべだしね。ものすごく好き。
今井さんは二役だけど、ほぼ同じような役柄です。ブレずに悪役。
ラン・ダルマはともかくワンドゥは人物背景とかとくに描かれてないので、ともすればチープな悪者になってしまいそうなところ。けどそれを今井さんの歌が補って余りある。
理屈でない、有無を言わさぬ迫力があります。

保坂さんも二役ですが、じつは私初見のときは気付いてなかったww
パンフ見て気づきました。
だってすごいんだもん。声の使い分けとかそういうレベルを超えてるんだもん。
ターラ菩薩様も綺麗だけど、私はドルガが好き。
菩薩様と、浮浪者のようななりをした占い師が二役というのは分かりやすく比喩的でいいね。
どこにどのような姿をしていても見守る者。

パサン役の照井さんは歌も演技も安定してうまくて、クーデターのリーダーという感じがした。
あと、ドルジェと同じ空気をちゃんと出してるのがすごい。同じ村で生まれ育ったというのが、説明がなくてもするりと入ってきました。

ダンサーさんのレベルがすごく高いことも見れば見るほど分かってきます。
バレエっぽい振り付けではなく、京劇とかそういう系のダンスかな。かなりアクロバティックな動きもあるんですが、ダンサーさんのプロフィール見ると新体操の方とかがいらっしゃるので納得。
縄さばきが異常にうまい鞭打ち係も、きっとこの方なんだろう。

照明も凝っててきれいだし、この全体に穴がない感じ、大好き。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。