スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミオ&ジュリエット 10/15マチネ

ロミオ:山崎育三郎
ジュリエット:昆夏美
ティボルト:上原理生
マーキューシオ:良知真次
死:大貫勇輔


ちょっと時間たってからこれ書いてるので、記憶がぼんやりしてます。
この日はCDの収録日だったので、無駄にこっちが緊張してしまいました。どうか理生くんにエンジェルオブミュージックの御加護がありますようにと、新幹線の中でめっちゃ真剣に祈ってた。
『今日こそその日』が良かったので、これが収録されると思うと嬉しいです。
でも全体的にちょっと抑えぎみだったかな?
遠慮しなくていいのに。CD購入者のイヤホンぶっ壊したる、くらいの声量で挑んでいいのに。理生くんのパートで音量調節しなければならない手間をCD購入者にかけさせてくれてかまわないのに。

あ、でも決闘シーンの「マーキューシオ、自分を見ろ!お前はピエロだ!馬鹿なことばかり喋る無様な格好で!」はいつも以上にすごかったです。
「マァァアキューシオォォオ」に内臓ふるえたわ。
あんな声の直撃受けてよくマーキューシオ立っていられるなあと思ったもの。

そういえば勝手に歌声を内臓系と脳みそ系に分けてみたんだけど、理生くんは内臓系だと思います。それも五臓六腑に響きわたる最強の内臓系。
じゃあ脳みそ系は誰なんだって言われるとよくわかんないけど脳波にくる感じの人いるでしょ。あれ。
感覚でものを言っている。

ああもう思い出せないなほかは。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。