スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート 5/19ソワレ

エリザベート:春野寿美礼
トート:マテ・カマラス
フランツ:岡田浩暉
ゾフィー:寿ひずる
ルドルフ:平方元基
少年ルドルフ:山田瑛瑠

このキャストが個人的にベストかもしれない。
ものすごく楽しんできました。

マテトートと岡田フランツだと扉の内にも外にもなんか可愛いのがいて意味分からんことになってました。
こんな二人に挟まれて毅然としていられるシシィすげえ…ってなる。

春野シシィはフランツのことを本当に好きなんだよな、と伝わります。「扉を開けてくれ」の声に、堪えるようなつらそうな顔をするのがね。夜のボートでも、ずっと寂しそう。シシィが強くなったからフランツを拒絶したんじゃなくて、心を守るためにそうするしかなかったのかなとか。

フランツはフランツで、出会ったころのままの響きで「愛しているよ」って言うしね。
岡田フランツは最初にシシィが言った「あなたがいる」「私がつかめる」という言葉に、本当にうれしそうに笑うのが印象的です。自由などないのだって言いながら、シシィとなら夢を見られるかもしれないってどこかで信じていたんじゃないかな。

そうやって年をとった二人に対して、マテトートはずっとそのまま。だから終盤になると一番子どもに見える。
シシィを好きになったときのまま、外見も心もそのままで、無垢で残酷です。
ただ欲しくて欲しくてたまらなくて、だだこねてるみたいに。

この三人が三人ともピュアで一途でかみ合わない感じ、大好きだな。

あと今日は闇広でなかなか拍手が鳴りやまなかった。
平方ルドはどんどん歌よくなるし、マテトートもだんだんマテらしさがでてきて、迫力でした。


そうそう、今日初見の友達が、シシィに拒絶されたトートがトートダンサーのところに戻るシーンを「反省会」って言ってて震えた。おもしろかわいすぎて。

「まただめだった…どこがいけないと思う(・ω・`)?」
「うーん…やっぱりもっと露出多い服のほうがいいんでは?」
「もうちょっと強引にいくべきかも!」
「そっか~!次はがんばるね(`・ω・)」

こんな感じか?
マテトートで想像すると可愛すぎて黄泉の世界に行きかけるわ。
そう考えるとドクトルのマントを脱いだあの服が一番の勝負服なのかしら。おっぱい出てるし…
スポンサーサイト

エリザベート 5/16マチネ

エリザベート:瀬奈じゅん
トート:マテ・カマラス
フランツ:石川禅
ゾフィー:寿ひずる
ルドルフ:平方元基
少年ルドルフ:山田瑛瑠

マテ見たさにさっそく追加~。
瀬奈シシィはじめてでした。少女時代の溌剌とした演技がかわいかったな。
瀬奈さんてもともと持っている雰囲気が陽性なのかな、と感じます。
だから基本的にコメディタッチの明るい舞台のほうが似合っている気がする。三銃士のミレディは悲しい役だけど悲壮になりすぎずあのお話には合ってたし、NYに行きたい!なんてばっちりはまり役だったし。
でもシシィはちょっとキャラ違いに思えます。
基本的にいいお母ちゃんに見えちゃうんだよね、なんでだろう。
最初からすごい強そうだし、普通にこの世で休めそうだ。

マテトートはあいかわらず妖怪チャーミングでした。
横顔が絶品だし、子ルドやシシィをじいっと見る目がなんともかわいい。
一度見たら最後、オペラグラス下げられなくなるよ。
でも闇広のときとか、もっと自由に動かせてあげてほしい。日本の演出は窮屈そうだ。

ああでもなんか、トートが自分にとって最高に魅力的だとこんなに満足感を得られるものなのかこの舞台は、と思うとしみじみ幸せです。そうでなくても音楽がとってもいいし、作品として魅力があるんだけど、やっぱりトートという存在は特別だよなあ。
あ、でも山口トートもこわいもの見たさでみてみたいです。

エリザベート 5/12マチネ

エリザベート:春野寿美礼
トート:マテ・カマラス
フランツ:石川禅
ゾフィー:寿ひずる
ルドルフ:古川雄大
少年ルドルフ:山田瑛瑠

今回マテトートまで期待はずれだったらもう観ることはないだろうな、と覚悟していたんですが、まったく全然杞憂でした。むしろお財布の心配をしなきゃいけなくなった。わはは

なんかね、ちょっと嬉しくて泣きそうになりました。
黄泉の帝王じゃなくって、無邪気で残酷で美しい『死』がちゃんとそこにいたんだもの。
エリザベートという作品に触れたのはウィーン版がはじめてだったからたぶん贔屓目もあるんだと思います。でもそれを置いても、やっぱりトートはマテがいい。
いいよ本当に。なんて魅力的なんだろうと思う。
シシィにとって『死』はずっとこんなに魅力的なものだったんだ、と思うと切なくなるけど、それがこの作品のトートの存在の意味だよね。『死』が一番魅力的で、一番元気であるべきだ。

細かいポイントをあげていくとたくさんあるけど、とにかく表情がドラマティックで素敵です。
特に好きなのは御者をやるシーンと、子ルドとのシーンと、指揮をするシーンかな。
獰猛な表情をするのに、不思議と無邪気さがある。
子どもみたいだったり、動物みたいだったり。表情がくるくる、かわいい。

最後シシィと抱き合うシーンで少年みたいな顔をするのも、妙にぐっときます。
わあっ、って静かに感動してるみたいに嬉しそうで、おずおずとシシィに触れる純粋さ。
年をとらないトートと老いたシシィの対比があってこそ、この場面の切なさというか綺麗さが生きると思うので、やっぱりトートはある程度若くないとね。

と、そんな感じでトートにピンときた状態で見た春野シシィは、とても良かったです。
特に結婚してから終盤が素敵でした。品があるし、しっとりした佇まい。
春野さんのシシィは本来そんなに強い人ではないように見えました。でも自分を保つために必死で強がって、孤独になって。「私にできることは強い皇后演じるだけ」とか「狂うほどの勇気を私が持てたなら」とか、そういう歌詞にとても説得力があります。
だからこそ、最後のトートとの抱擁がとても切なかった。『死』に抱かれて安らかな顔をしているのがね。
もう大丈夫だよ、と言ってあげたくなるシシィでした。

禅さんのフランツはとても皇帝らしく、威厳のある感じ。
最初からシシィと対等ではなく、諭すように歌っているように思えました。
さらには頑固そうなので、それを曲げてまでシシィを選ぶ、というところに重みを感じる。
ただ結局は禅フランツはひとりの男である前に皇帝なのだ、というのが根っこにしみついてしまっていて、それから逃れることはできないのだろうな。
夜のボートでは、自分でももう無理だと分かっていて言わずにはいられない、そんなふうに感じました。

あと雄大くんのルドルフは宝塚のひとみたいだった。
マテとの闇広は絵面が美しすぎてなんだかよく分からんことになってましたww

エリザベート 5/9ソワレ

エリザベート:春野寿美礼
トート:石丸幹二
フランツ:岡田浩暉
ゾフィー:杜けあき
ルドルフ:平方元基
少年ルドルフ:加藤清史郎


エリザベート初日観てきました。
ウィーン版を映像で見て好きになったのだけど、生で観るのはこれが初めて。
うーん、ウィーン版とは根本的に解釈が違うのね。
トートが黄泉の帝王って言われてたことにびっくりしたり、なんか変なゴンドラに乗って登場したことに吹き出しそうになったり、似合わないメイクと鬘だったり、わりとなんじゃこりゃ的なところが多かった。
そんな感じで最初からトートにつまづいちゃったから、いまいち盛り上がれなかったな。
なんかトートがたまに歌を歌いに来る顔色の悪いおじさんにしか見えなかった。
石丸さんはフランツのほうが似合うと思う。
歌うまいしすっぴんかっこいいのにキャラ違い、もったいないよー。

春野さんのシシィは、お芝居のなかで年をとるごとに美しくみえてきた。
でもいかんせんトートにピンときてない状態なので、いまいちシシィにも入り込めず。

岡田フランツはすっごく好きでした。かわいかった。
かわいいというのが役としていいことなのかは謎だけども、シシィの部屋の扉の前で歌うシーンとか、あんな優しい声で語りかけられたら扉開けちゃうよ…!
ちゃんと相手がみえる歌声というか、語りかけるような響きが素敵でした。

あと平方ルドの頭身に戦慄したり。
平方さんロミジュリのときよりぐっと歌うまくなってる~。なんかうれしいですね。

とりあえず初日はこんなぼんやりした感想でした。
うーん、私にとってはトートがどうかっていうのがかなり重要みたいです。

【スリル・ミー 歌詞覚え書き】

スリルミー前楽に行きました。ひたすら、素晴らしかった。

今覚えている限りの歌詞をメモしました。
歌詞を思い出しながら、そのときの歌声だとか二人の表情とかを心に浮かべる行為自体がとても楽しいです。
ほんとうに素晴らしかった。


M1 プレリュード

M2 隠された真実

お話します できる限り 僕に残る傷跡を
言葉にするのは難しい 二人の日々なんだったのか
消せはしない重い罪を 償い続けてきた
この34年の日々 歴史の中に 埋もれてしまった事実は 
いまや誰のもの

あの日二人見た 夢のような 眩しく熱い記憶
動機といえば それは彼と ともに生きてゆくため


M3 僕はわかってる

僕のほかに誰がいる 同じような感覚で 話ができる相手がいるか
間抜けな奴らとも 君は仲良くしてるけど 誰も僕の代わりになれない
僕には分かってる 誰も知らない胸の奥 君の本心を
ずっと君の 全部を見てきた
他の奴らはただの遊び相手だろう 一緒にいる意味はない

突然いなくなって戸惑った 分かってるわざと消えたんだろ
でも僕のもとへ帰った 一番大切な僕のもとへ
もちろん知ってる 君がどこかのお嬢様と遊んでること
でもそんなの時間の無駄だ
彼女以外にも何人も 遊んでる女がいるんだって
聞いたよ君の弟からね
僕は分かってる みんな君に夢中
でも君を 知るのは僕だけ

こんなに君を求めてるのに 君は知らん顔 よそばかり見ている
だからね 分かってよ 君が必要だ
僕だけだ こんなにも強く深く君を求めているのは
僕ただ一人だって 君も同じだろ


M4 僕はわかってる(続き)

僕だけだ こんなにも強く深く君を求めているのは
僕ただ一人だって 分かってるだろ


M5 やさしい炎

狂ったようにダンスを踊る きらきら光る永遠の炎
壊れてねじれた心を 赤く照らす
燃えさかる何かがはじけて 音をたてて崩れ落ちた
この俺の気持ちを落ち着かせ 静かにする

火の粉はじけて 煙とともに のぼる果てには星空
焼け焦げた破滅の匂いがする
黒い空がオレンジに
その中でやさしい炎が 俺たちの心を なぐさめてくれる

火の粉はじけて 空へあがってく とわの時へと繋がり
赤く赤く広がる


M6 契約書(その1)

あんなことばれたら どうなる 親父に何て言えばいい
あれは最高で完璧な夜 心配することなんてない
大丈夫か

ニーチェには書いてある 俺たちのような人間
凡人たちと違う超人 俗世間の常識なんて超えるんだ
自分の価値で生きる 馬鹿なこの世に善などないから
新しい倫理をうちたて 高貴な理想を追い求めるんだ


M7 契約書(その2)

自分だけいい子になって逃げる 裏切りだ
お前こそうわべだけの親友か 見損なった
そうじゃないと言いたいなら レイ
きちんと文書にするんだ そう それがいい

契約書だ お互いの義務と要求を
契約書の形にしよう 正式に
取引だ 互いに条件出し合い 
したいことするには そう??????
してほしいこと何でも書けばいい

さあタイプライター 好きなように打てばいい
契約書らしく 法律用の文章で
得意だろ 学んだ甲斐があるだろ
嬉しいか これから二人はそう永久に結ばれる この契約書で
さあ覚悟を決めて 契約書を作って サイン


M8 契約書(その3)

ここに当事者Aは 相手Bの要請に対し すみやかに
その指示に従うことを誓う
できる限りで

その場合BはAに対しても 同様に
いかなる要請に対しても 同意することを誓う

優しく指を刺す 血のしずくをくれ 痛くはしない
よしこれでいい 指を拭け
血で汚すなよ


M9 契約書(その4)

これで二人は完全な絆で結ばれた
もう戻れない二人は 血と血で誓った
誰も知らない契約書には 僕たちの
けして切れることはない絆 
誓った 赤い血のサイン
正しく法律に従った 正式な契約書 
たとえタイプの文字がかすれても 二人はけして離れない


M10 スリル・ミー

もう我慢できない もっと僕の方を しっかり見て
そして僕の目を見て スリル・ミー

忘れたふりをしたって 僕は騙されない
今度は僕の番だね ちゃんと契約したよね二人

気が狂いそうだ もう苦しめないで
今度は抱きしめて もう焦らさないで スリル・ミー

このままじゃ耐えられない これじゃおかしいじゃないか
お互いのしたいことを すると決めたんじゃないか二人

分かってるだろ もう逃がさない
分かってるだろ いつかのように

今はまだだめだ そんな気分じゃない

??????? ????????
さあ壊してくれ もっと強くもっと お願い
スリル・ミー

優しくなくていい もっと強くもっと
もう裏切れない だって二人共犯者 スリル・ミー
スリル・ミー


M11 計画

殺す相手は 俺の弟 
邪魔な生き物 この世から消す
あいつを殺す それは正義
あいつを消せば みな俺のもの

首をしめるか クロロホルムか 意識をなくし刺すのか
完全犯罪迷宮入りだ 証拠などなにもない
親父のやつは 気が狂うだろう

銃で撃つより なぶり殺すんだ 死の苦しみたっぷりと
偽装工作 レイプ殺人 変質者のせいだと見せかけるんだ
あとは気楽に
してられるのか

殺す相手は 俺の弟
?????
あいつ殺せば 君は容疑者

殺す相手は 弟じゃない
代わりのだれか

ハンマーで頭を割る それがやり方
顔に塩酸 すべてを焼いて 証拠などなにも残らぬように

犠牲の羊 そこにいただけ
犠牲の子ども ただそこにいた


M12 戻れない道

戻りたいと 思っていても 
戻れなくて あまりにも遠くまで来てしまった
ここはどこか 道に迷って
辿り着けば 禁じられた森だと気づいたときは
遅かった

彼の心に潜む 力への意志
導かれて ついてきた
ふと気づけば 戻れない

いつの間にか 線を踏み越え
いつかどこか あまりにも遠くまで来てしまった

振り返ることもせず 追い求めた
理想の場所 信じていた
二人の時間 永遠に


M13 スポーツカー

いま帰るところかい 送ってあげよう
興味あるねスポーツカー 送ってあげよう
ドライブしよう みんなが見るよ
クラスのみんなが 羨ましがる
そこのグラウンドを まわってみよう

家はどこなの 送ってあげよう
ピカピカのスポーツカー 見てみたいだろ
ほら車のキーだ エンジンかけて
ハンドル持って ドアを開けるよ

僕たち友達 さあ君の手を
すぐそこだおいで 送ってあげよう
家のそばで おろしてあげるから
さあいい子だ おいで


M14 超人たち

世の中騒ぎ出す やってしまった僕たちは
みんな震え上がる 俺たちのしわざとは気づかずに

ある町で ある夕暮れに 突然消えた小さな子ども
顔は潰れ身元不明 排水溝の中で眠る 安らかに

俺たちは超人であることを 証明したんだこの手で
だけど震えてる
おまえも超人 ニーチェの原理
高貴な理想を追い求めるんだ

みんなの目が僕を離さない
やっぱり怖い 怖いんだ

ぜったいばれやしない ??????
??????
??????
脅迫状だ 分かった
あとは完璧な夜を 過ごそう
もう戻れない


M15 脅迫状

M16 僕の眼鏡/おとなしくしろ


M17 あの夜の事

たしかあの日は 一人でドライブ
立ち寄った店で 女に声かけた
あとそれから ちょっと待って
服はピンク マニキュアも

顔は覚えてない 名前聞かなかった
何でも話します でもその日だけの女
思い出せない あの夜の事

そこに誰かいた たしかに誰も
証明できるのは 彼女ただ一人
思い出せない あの夜の事
思い出せない なにもかも
思い出せない


M18 戻れない道(リプライズ)

ここはどこか 道に迷って
辿り着けば 禁じられた森だと気づいた時は
遅かった


M19 俺と組んで

思い直してレイ 今までのこと
まだ間に合うよレイ 助けてくれ
謝るよ 俺を信じて
血と血で交わした あの契約は
けして切れることはない 二人でいよう

分かっているよレイ 俺のせいだよ
傷つけたのはレイ 行かないでくれ

分かったよ 何でもしてあげるね


M20 死にたくない

怖いんだ 怖くて震える俺の身体 怖い
泣きそうだ 弁護士がいたところで一体なんになる
恐ろしい なぜここから出られない 
なにもない
??????
冷たい鉄の格子が突き刺さる
逃げられない 閉じ込められる小さな暗い部屋に

死刑が解決できるのかすべてを
たとえ無期でも同じこと 一生ここで暮らすとも

眠れない 俺の首に巻きつくゆっくりとロープが
夢を見る だが子どもは死んだ すべて終わった
??????
黒い闇のなかで悪魔たちが踊る
??????
死にたくない


M21 九十九年

僕を思い通りに していたつもりだろう
信じてたよね君は 何も疑わずに
判決は出た

99年 離れない 離さない
99年 勝ったのは僕だ 勝負の終わり
いつまでも 僕のものだ 99年
99年

レイ 君を認めよう すべて思うがまま
だがこれから君は 孤独だ一人
いや離れられない

99年 変だよ青ざめて
まさかお前
99年 全部お前が お前が仕組んだ
99年


M22 スリル・ミー(フィナーレ)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。